【コラム】こんなはずではなかった?~性格の不一致による離婚が認められるか~

当事務所では、離婚事件を多く取り扱っておりますが、離婚原因は、それぞれの夫婦で様々です。DVが原因という方もいらっしゃいますし、近年ニュースでも取り上げられるモラハラ(モラルハラスメント)に苦しまれている方もいらっしゃいます。

 そんな中で、多くの方が口にされるのが、性格の不一致です。「感覚が合わない」「結婚前は愛情を持っていたが、今は愛情を持っていない」「思いやりを感じない」など、内容は様々ですが、配偶者との性格や価値観の違いを理由に離婚を考える方は多くいらっしゃいます。

 しかし、夫婦といえども別人である以上、性格が合わないというだけでは離婚が認められないこともあります。

 

 夫婦の双方が離婚に同意している場合、離婚原因は問題になりません。双方がいいと言っている以上、離婚原因が何であるかを突き詰める必要はないのです。しかし、いずれか一方が離婚を拒否している場合、他方がどうしても離婚を望む場合には、調停・裁判と手続きを進める必要がありますが、裁判で離婚をするためには、法定離婚原因という民法に定められた要件を満たしている必要があります。

 法定離婚原因はいくつかありますが、性格の不一致は、そのうちの「婚姻を継続しがたい重大な事由」に該当する可能性があるといわれています。

 では、どんな場合でも、婚姻を継続しがたいと判断してもらえるかというと、そういうわけではありません。上記のように、夫婦といえども別人格ですから、何から何まで気が合うということはなく、多少なりとも合わない部分があるのが通常です。そして、その合わない部分は、話合いや双方の歩み寄りにより、解消することができる場合があります。

そのため、性格の不一致が原因で、婚姻を継続しがたいと認めてもらうためには、別居の有無やその期間、会話の有無、性的関係の有無、口論の有無や程度、修復の意思や行動などから、双方の関係が回復の見込みがない程度に破綻しているといえることが必要になります。

夫婦の片方が、性格が合わないと感じている場合には、他方も同じように感じている場合もあると思いますが、性格の不一致というのは目に見えない分、立証が難しいという面もあります。

配偶者に対する愛情が薄れてきた、価値観が合わないので離婚を考えたい、という場合には、ぜひ一度当事務所へご相談ください。

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

本店電話番号リンク 所沢支店電話番号リンク 問い合わせバナー