【コラム】不貞慰謝料の請求を放置するとどうなるか?

不貞行為があったことを理由に慰謝料の支払いを求められた場合、放置するとどうなるでしょうか?

まず、請求がメールや電話のような日常的手段である場合や、内容証明郵便などの郵便である場合は、とりあえずは、放置したとしても、それだけでは支払いを強いられることはありません。ただし、次の段階として、訴訟を提起される恐れはあります。

 訴訟を提起された場合は、放置すると判決が出てしまい、控訴もしないまま期限を過ぎれば、確定します。そうすると、もはや争えない状態となり、仮に不貞行為が事実ではなくても慰謝料を支払わなくてはいけなくなってしまいます。それでも放置すると、もし、勤め先が相手方にわかっていれば、給与を差し押さえされる可能性があり、また、不動産などの財産を差し押さえられる可能性もあります。

 そう考えると、少なくとも、訴状が来たら(あるいは、支払督促など別種の書面であっても裁判所から来たら)対応しないと大きな損失になりかねないことがわかります。

実際に訴状等が来てから速やかに(期日まで余裕がある時点で)弁護士に相談するということでも対応は可能ですが、もし、不貞行為が事実である場合等で、もしメールや郵便等を無視しておくと訴訟をしてきそうな場合には、提訴される前に示談交渉をして、和解に持ち込む方が良い面もあります。例えば、裁判で判決が出た場合には一括での支払い義務を負いますが、和解であれば、相手方が応じれば分割にすることもできます。これは裁判上の和解でも同じですが、提訴前の方が相手方も費用や時間を使っていない分柔軟な和解に応じてくれる可能性があります。また、訴訟になればそれなりに時間がかかることが多いので、早期解決という意味でも交渉の段階で示談をすることにはメリットがあります。

 一方、不貞行為の有無や、あったとしても請求されている慰謝料額について、徹底して争いたいという場合は、訴訟の中で主張や証拠を提出して争っていくことになります。

いずれにせよ、不貞慰謝料に関しては、弁護士が専門家として相談に応じることができ、また、交渉においても訴訟においても代理人としてご依頼者様の代わりに交渉や、答弁書・準備書面の提出などの訴訟行為を行うことができます。弁護士にご依頼いただければ、ご本人様は相手方とやり取りする必要はなくなりますので、ご自身での交渉が負担と感じられている場合はご相談いただければ、と思います。

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

本店電話番号リンク 所沢支店電話番号リンク 問い合わせバナー