【コラム】協議離婚で弁護士に依頼するメリット

協議離婚は文字通り話し合いで決める離婚なので、裁判離婚と違い、当事者の合意ですることができます。それゆえ、弁護士に依頼せずに行うことも可能です。しかし、実際には弁護士に依頼されるケースもあります。では、協議離婚について弁護士に依頼するメリットはどういうところでしょうか?

・弁護士に交渉を任せることができるため相手方と話さなくてよい

・慰謝料、財産分与、養育費、など法的な主張をしっかりとできる

点が挙げられます。さらに適切な書面(離婚協議書)を作成することで、以後の養育費等の給付を受けられる確実性が高まります。

 当事者どうしだと離婚することを優先にしてしまい、請求すべきものも請求せずに別れてしまうケースも多いですが、離婚後の生活を考えると、条件を交渉して定めることは重要です。特に養育費は子供が20歳になるまでの生活費や学費の確保のためにも重要です。財産分与に関しても保険の解約返戻金、退職金、不動産の剰余価値、など様々なものが対象になりえます。ご自身の権利を正しく把握して主張するためにも、協議を始める段階で弁護士に相談することをお勧めします。

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

本店電話番号リンク 所沢支店電話番号リンク 問い合わせバナー