【コラム】夫から一方的に離婚したいといわれたら

自分には全く非がないのに、同居している夫から「離婚をしたい」「〇日までに家を出ていけ」と言われたという女性の方から相談を受けることがあります。「そこまで言われた相手と、同じ屋根の下で一緒に暮らすのは苦痛で仕方ないので、すぐにでも離婚する!」と悔しさと怒りの気持ちを抱えて、事務所に駆け込んで来られる方もいます。そのようなお気持ち、よくわかるのですが、弁護士としては、主に2つの理由から、まずは落ち着いて、離婚をすべきかどうかを慎重に考えてほしいとアドバイスすることが多いです。

 

理由1 離婚裁判では夫が負ける可能性が高いから

そおそも、夫から離婚をしたい、出ていけと言われたとしても、直ちに応じる必要はありません。妻が離婚を拒否してもなお、夫が離婚を希望する場合には、夫から家庭裁判所に離婚調停を起こし、調停で合意ができない場合には、裁判所に裁判(離婚訴訟)を起こすことが必要です。しかし、同居中の妻が、離婚の原因を作っていない場合には、離婚訴訟を起こしても、夫は原則勝てません。万が一、離婚訴訟で夫が勝って離婚が認められてしまったとしても、裁判が決まるまでは、妻は自分から離婚に応じたり、家を出る必要はないのです。

 

理由2 生活費(婚姻費用)を受け取る権利を失ってしまうから

離婚してしまうと、生活費(婚姻費用)を受け取る権利がなくなってしまいます。結婚している間は、妻の収入が夫より低い場合、夫から婚姻費用として生活費を受け取る権利があります。しかし、離婚してしまうと、この権利がなくなってしまいます。妻の方が収入が低い場合が多いので、経済的には、離婚しない方が得な場合が多いのです。

 

以上を2点をふまえても、やはり同居を続けるのは苦痛という方は、婚姻費用の金額を合意した上で、別居するという方法もあります。もし婚姻費用の金額が決まらない場合には、家庭裁判所で調停を起こして、話し合いをすることもできます。もっとも、別居期間が長期になった場合には、夫の請求による離婚が認められる可能性が高くなりますので、注意が必要です。(夫側にのみ有責事由がある場合は簡単には認められませんが、どちらにも有責事由がない場合は別居期間が長くなると認められる可能性が高まってきます)

 

夫から一方的に離婚を言い渡された方は、本当に悔しくて、早く別居をしたり、離婚してしまいたいと思われるかもしれません。しかし、離婚に直ちに応じる必要はなく、生活費を受け取る権利を失ってしまうリスクもあることを踏まえて、どうするのが一番良いのかを、冷静に考えたいただくのがよいと思います。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

本店電話番号リンク 所沢支店電話番号リンク 問い合わせバナー