【コラム】慰謝料の相場? その意味

よく、不貞行為の慰謝料の相場は200万円から300万円だといわれることがあります。

しかし、この相場と言われているものは、不貞による慰謝料について200万円から300万円程度で解決した事例が多いという話であり、諸事情によって変わりうるものです。

まず不貞行為はあったけれども離婚にまで至っていない場合は、上記の半分くらいのことが多いと思います。

また、

・支払い義務者側の収入

・婚姻の期間

・未成年の子の有無

・不貞の回数

・発覚後も続けたか

などにより異なります。よく報道で芸能人が高額の慰謝料を払った話を聞きますが、テレビで取り上げられるような芸能人は収入が多いからだと推測されます。例えば一般のサラリーマンなら、多くの場合、年収は数百万円から多くても1000万円を少し超えるくらいでしょうから、慰謝料として200万円~300万円を支払うことは制裁的な意味を持ちますが、年収1億円の芸能人にその程度の慰謝料額では制裁として効果がありません。もちろん、芸能人ではなく高収入の経営者等の場合も同じです。それゆえ、収入が多い場合は高額になるのだと解されます。

 また、婚姻期間が長い場合は家庭を壊されることによる精神的苦痛も大きくなりがちであり、未成年の子がいれば育児にも影響が出かねません。また、不貞の回数が多かったり、発覚後にやめるように言われても続けたのであればより精神的な打撃も大きいでしょう。それゆえ、これらの要素も考慮されるのが一般的です。

このように状況により相場は異なるのであり、適切な額の慰謝料を得る、あるいは適切な額以上を払わないで済ます、ためにはまずは離婚事案や不貞慰謝料事案に詳しい弁護士に相談することが重要だと思います。

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

本店電話番号リンク 所沢支店電話番号リンク 問い合わせバナー