【コラム】熟年離婚で女性が気を付けるべきこと

いわゆる熟年離婚において、女性側はどういう点に気を付ければよいでしょうか?

まず、いわゆる熟年の場合、子がいてもすでに成人している場合が多いでしょうから、ここでは未成年の子についての話は触れません。それ以外の離婚に関する問題点について、解説していきます。

1、財産分与について

 熟年の場合、すでに長く婚姻期間を重ねてきている場合が多いです。そうすると、その間に夫婦の資産形成にそれだけ多く貢献しているはずです。財産分与は、婚姻から別居までの間に夫婦で築いた財産をその貢献に応じて分けるものであり、基本的には1:1に分けます(貢献の度合いに応じて修正される場合もありますが)。それゆえ、婚姻期間が長いと分与としてもらえる額も高額になりがちです。ここで、資産とは、預貯金に限らず、不動産、退職金請求権、保険の解約返戻金、車などの動産、など様々なものが含まれます。まだ退職していない場合、退職金請求権も分与対象になるとするのが近年の一般的な考え方です。

 一方、夫婦で築いた財産を分ける趣旨ですから、結婚前からあった財産や相続で得た財産は分与対象になりません。

また、妻のほうが資産(相続や贈与によるもの、結婚前からの資産は除く)が多い場合は妻から夫に分与されることになりかねないので、要注意です。ただ、長らく専業主婦をしてきた場合はそういうケースはまれでしょう。熟年の場合は、すでに住宅ローンも終わっていることも多く、そうすると、不動産についてはローン残高を引く必要がないため、高く評価されがちです。例えば、2000万円の住宅で、婚姻期間中に購入して援助や婚姻前からの預貯金ではなく婚姻期間中の勤労収入を充ててローンも払い終わっている場合、原則として1000万円が分与額となります。このように、熟年離婚の場合は、財産の額も高額になりがちなので、財産分与は重要です。

 

2、慰謝料について

 夫に不貞行為があった場合はもちろん、暴力(DV)や精神的なDVがあった場合には、慰謝料を請求できる可能性があります。慰謝料はケースによりますので、相場というものを示すのは難しいのですが、不貞行為の場合、200万円~300万円のケースが多いといわれています。これは個々の事情によりかなり変わってきますので、ご相談ください。

 

3、年金分割について

 老後の生活のためには、年金分割をしたほうが良いケースがあります。これは、過去の納付記録を夫婦間で分割して老後の支給額に反映される仕組みであり、手続きが必要な場合と不要な場合があるので、まずはご相談ください。

 

4、婚姻費用について

 別居中も離婚に至るまでは夫婦には相互に扶養義務があり、これに基づいて支払われる生活費のことを婚姻費用(婚費)といいます。妻が専業主婦だった場合、基本的に夫から妻に支払うことになるでしょう。これは、養育費とは異なり、子供がいなくも請求でいます。家族構成に応じて算定表があり、双方の収入に応じた標準的な額が分かるようになっていて、基本的にはその表に基づいて支払い額を決めます。(ただ、算定表は法的な拘束力のあるものではないので、異なる取り決めをしてもかまいません)

 

5、扶養的財産分与について

 基本的には財産分与は婚姻期間中の財産を分けるものであり、清算的財産分与と呼ばれます。しかし、離婚後の生活を支えるための財産分与を請求できる場合があり、これを扶養的財産分与といいます。基本的に夫婦の間の扶養義務は婚姻期間中に限られるのですが、結婚をしたことで片方の収入が著しく低くなった場合に、経済的に自立できる収入を回復するまでは、手助けをすべきとの考え方もあります。具体的には、専業主婦だった場合などすぐには経済的な自立が難しい場合に、しばらくの間は生活に必要な額の一部を元夫に支払ってもらうことができるというわけです。

 ただ、これは必ず認められるわけではなく、また、期間も限定されます。なぜなら、本来離婚後の生活はそれぞれ自力で行うべきところ、婚姻中の状況も考えて例外的に離婚後しばらくの扶養を求める仕組みであり、自身で稼げるようになるまでの暫定的なものと考えられているからです。

 

6、まずは弁護士にご相談を

 財産分与の計算は複雑で、計算に必要な資料を収集することも一般の方だと難しく感じられる場合があります。その点、当事務所にご相談いただければ、どのような方法で資料を集めればよいかをお伝えし、物によっては当事務所で取得することもできます。また、慰謝料についても請求できるかどうかも含めて専門的な見地からの検討をすることができます。

 その他、離婚には様々な不安があると思います。不安を解消するためにも、まずは、弁護士にご相談ください。当事務所では、多くの離婚案件を扱ってきました。女性のための離婚相談には力を入れています。

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

HOME Mail Tel