【コラム】通常の養育費以外の子供の費用2

前回のコラムでは、養育費以外にかかる子どもの費用(高校大学に進学する際の入学金、受験費用、入院してかかった普段より高額の医療費等)の決め方について、離婚後に協議して決めるという合意になることが多いことを説明させていただきました。ただ、請求しても相手が支払ってくれるとは到底思えないと心配な方も、いらっしゃると思います。もし協議が整わない場合には、調停手続を使って裁判所で話し合いをすることもできます。しかし、調停にする前に、特別費用を支払ってもらうのに大切なことがあります。それは面会交流が順調に継続されていることです。

面会交流が上手く継続していれば、面会交流の中で、子どもからお父さんに、「〇〇学校に進学しようと思うけど、応援してもらえないか」という相談をする機会があるでしょう。「元妻からの請求では支払う気がおきないが、子どもから直接言われたら応援したくなる」というお父さん、実際には多いようです。そのため、面会交流が順調に続けられていることが、特別費用を支払ってもらうためには、とても大切なことです。もちろん、養育費をきちんと支払ってもらうためにも大切です。

面会交流と養育費・特別費用の支払いは、車の両輪のように、両方が大切なものです。もし、どちらかでもうまくいかなくなってしまった場合には、当事務所にご相談下さい。

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

本店電話番号リンク 所沢支店電話番号リンク 問い合わせバナー