【コラム】離婚の流れ

<離婚の流れ>

離婚をしたいが、相手が応じてくれるかわからない又は相手からは離婚しないと言われている・・こんな場合でも離婚ができるのか、以下でご説明します。

 

<1>離婚の種類

離婚には、大きく区分して、①協議離婚②調停離婚③裁判離婚の3つがあります。

①協議離婚

当事者で話し合って行う離婚

②調停離婚

裁判所で調停委員を介して、当事者が話し合って行う離婚

③裁判離婚

裁判所で行う離婚

①②は、いずれも当事者の合意がある場合に離婚が成立しますが、裁判所が仲介に入るか否かで異なります。

②③は、いずれも裁判所で行われる離婚事件ではありますが、②はあくまで話し合いであるのに対し、③は双方の主張立証の上で、裁判官が判断して行われることになります(途中で和解する場合もあります)。

③裁判離婚においては、法律上の離婚原因に該当するかが審理されることになります。法律上の離婚原因は5つに限定されており、多くは「その他婚姻を継続しがたい重大な事由があるとき」に該当するかで争われることになります。

 

<2>離婚の流れ

大半の離婚事件は、①→②→③の順で進むことになります。

すなわち、まずは当事者同士で話し合う(①)が、折り合いがつかず、裁判所で調停を行い(②)、それでもダメな(合意できない)場合に裁判所の判断を求める(③)という流れです。

では、とにかく最短で離婚したい場合で、相手が応じない可能性がある場合に、いきなり裁判離婚を求められないのでしょうか。

結論から言うと、原則として、それはできないことになっています。

法律上は、当事者の協議の場を設ける必要性があるとして、②調停を経てから初めて③裁判離婚を求めることができる、とされています。これを調停前置主義といいます。

そのため、相手方が離婚に応じないような場合には、まず調停を申し立てることになります。そうして、調停が不調に終わったら、裁判を起こすことができます。なお、離婚の調停が不調に終わってから訴訟提起まであまりにも時間が経ちすぎると調停前置の要請を満たさないとされる可能性もあります。

詳しくは弁護士にご相談ください。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

本店電話番号リンク 所沢支店電話番号リンク 問い合わせバナー