弁護士と行政書士の違い

離婚について、行政書士がネットなどで相談を呼びかけているケースがあるようですが、弁護士と行政書士では以下のような違いがあります。

 

〈相談対象となる案件の違い〉

弁護士と行政書士の違い弁護士には、相談の種類による制限はありませんので(もちろん、法律によって解決可能であることが前提ですが)、さまざまな分野の相談に乗ることができます。当然、離婚についても、制限なく、ご相談に乗ることができます。もちろん、すでに揉めている場合でも相談に乗ることができます。

しかし、行政書士の場合は、弁護士法72条による制限があるため、基本的に紛争性のあるご相談(当事者の間で揉めている問題)については、相談に乗ることができません。行政書士が扱えるのは離婚することにも慰謝料や財産分与や養育費などについても一切の争いがない場合の書面の書き方に限られると言えるでしょう。

 少しでも疑問や不満があれば、それは紛争性があるのだから、弁護士しか扱えないと考えられます。

 

〈業務の幅の違い〉

弁護士であれば、協議段階(交渉段階)から、裁判所を利用した手続(調停・裁判・審判)に至るまで、ご依頼者様の代理人となることができます。そのため、書面の作成や、相手方や裁判所等の対応は、基本的に全て弁護士が行なうことが可能です(ただし、調停については、ご依頼者様も同席していただくことが必要です。その場合、相手方と顔を合わせないように対応をとることは可能です)。さらに、離婚後の親権変更や養育費変更の調停、養育費が未払いの場合の強制執行などについても代理人となることができます。

しかし、行政書士の場合は、裁判手続については一切の関与ができません。また、相談対応や書類の作成も、紛争性がある場合には行なうことができません。

 このように、弁護士と行政書士はできる業務の幅に大きな違いがあります。

 

〈専門分野の違い〉

弁護士は、法律の専門家として、日々様々な紛争案件に携わっており、当事務所でも離婚案件は多く扱ってきました。そのため、紛争性がある場合でも、現時点では紛争性がない場合であっても、これまでの経験から、それぞれのケースに応じた対応をとることができます。

しかし、行政書士の専門分野は、基本的に官公庁への届出となっています。

弁護士は紛争案件についての専門家であるのに対して、行政書士が良く取り扱うのは行政官庁に対する許認可の申請等だといえるでしょう。

 

〈弁護士にご依頼いただくメリット〉

以上のように、資格によって、対応可能な分野等、様々な点に違いが生じることになります。弁護士であれば、どのような段階であっても、どのようなケースであっても、制限なく、網羅的に対応することができるため、ご依頼者様の手続的な負担を軽減することができます。

また、日ごろから、数多くの紛争案件を手がけているため、具体的な事案に応じて、どのような対応が望ましいか、相手方の対応によって、今後どのように進めていけばよいか等、詳細かつ実例に則したアドバイスをすることが可能です。

 そして、ご相談者様の代理人として相手方と交渉をすることができるため、ご本人様は直接相手方と離婚やそれに関することで話をする必要がなくなります。

離婚について少しでもお考えになったことがある方は、「こんな些細なことで」と抱え込ます、ぜひ当事務所にご相談ください。小さな悩み事でも、親身になって対応させていただきます。立川、所沢、いずれでもご相談が可能ですので、まずはお問い合わせ頂ければ、と思います。

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

HOME Mail Tel