男女問題を弁護士にご相談いただくメリット

男女の問題としては、不倫・浮気・不貞に基づく慰謝料請求、貞操権侵害に基づく慰謝料請求、ストーカー被害、DV問題等、多様なものがあります。それらについて、弁護士にご依頼いただくメリットとしては、以下のようなものがあります。

  1. 【相手方との関係】→ 弁護士が代わりに全て対応できる。
  2. 【証拠の収集】 →どのような証拠が必要か、どのように収集すればよいか、経験をもとにアドバイスできる。
  3. 【裁判所との関係】 → 弁護士が代わりに全て対応できる。
  4. 【示談の段階】 → 蒸返しを防ぐため、弁護士が協議書を作成する。

以下、それぞれについて解説します。

 

〈①相手方の対応は全て弁護士が行なう〉

不貞等の問題が生じた場合、浮気をした配偶者や、浮気の相手方とは一切話をしたくない、しかし、慰謝料はしっかり払ってもらいたいという方も多くいらっしゃると思います。

そのような場合、弁護士にご依頼いただければ、交渉から電話対応まで、弁護士が全て代わりに行ないます。裁判まで発展してしまった場合は、裁判所に同行していただくこともありますが、通常それも1回だけですし、それ以外の相手との対応は全て弁護士が行ないます。

 

〈②証拠の収集についてもアドバイスができる〉

慰謝料を請求するためには、不貞等の問題となる行為があったこと、それにより精神的な苦痛を受けた事など、慰謝料請求の要件となる事情を、証拠によって証明しなければなりません。

しかし、不貞行為等を直接証明する証拠なると、実際には難しいのが現状です。そこで、不貞行為等があったことを、間接的に推認することができるようなメール・LINEによるやりとり、ホテルに行くところを撮影した画像等が必要となります。

当事務所では過去に慰謝料請求が認められた実例を踏まえ、証拠の収集方法等についてもご助言させていただきます。

 

〈③裁判所の対応も弁護士が行なう〉

交渉ではまとまらず、裁判になってしまったという場合にも、裁判所には弁護士が出頭します。前記のように、ご依頼者様に裁判所に行っていただく場合もありますが、通常は1回で済みます。

また、書類の作成や電話連絡等も、弁護士が行ないます。

 

〈④示談書も弁護士が作成できる〉

合意ができた場合には、後の紛争を防ぐためにも、示談書を作成する必要があります。男女関係の場合は、人間関係が複雑に入り組んでいることがありますし、場合によっては不貞の当事者双方に配偶者がいるケースもあります。

紛争の抜本的な解決につながるように、示談書の内容も弁護士が検討して、作成します。

 

〈最後に〉

慰謝料請求は、ご自分で対応していただくことも可能です。しかし、相手方に対する複雑な感情であったり、手続的な手間であったり、法律に関する知識であったり、様々な面で不安を覚えることがあると思います。弁護士にご相談いただければ、そんな不安を全て払拭することができます。まずは、一度、弁護士にご相談ください。

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

本店電話番号リンク 所沢支店電話番号リンク 問い合わせバナー