【コラム】「ダブル不倫」の場合の慰謝料請求について

1.ダブル不倫とは何か

ダブル不倫とは、既婚者どうしの不倫のことを言います。すなわち、男性Aさんと女性Bさんが交際していたとして、AさんもBさんも既婚者の場合、2個の不倫関係が発生しているので、ダブル不倫と言います。

なお、民法上不貞行為と言えるのは性的関係があった場合に限定されます。ただ、他人の配偶者と親密な関係になった場合、性的関係に至らなくても不法行為として慰謝料請求が認められる場合もないわけではないですが、ここでは一般的なケースを想定します。

2.ダブル不倫の時の場合の慰謝料関係

不貞行為については、自分の配偶者に慰謝料を請求できると同時に、自分の配偶者の不貞行為の相手方にも慰謝料を請求できます。なぜなら、不貞行為の相手方には家庭の平穏を壊した点に民法上の不法行為が成立するからです。

上記の例で、Aさんの奥さんCさん、Bさんの夫Dさんがいたとします。すると、Cさんは、まず夫であるAさんに対して慰謝料請求ができます。同時に、Aさんの相手であるBさんにも請求ができます。また、Dさんは妻であるBさんに対して慰謝料が請求できますが、同時に、Bさんの不倫相手であるAさんにも請求できます。

このように、複雑な請求関係が生じるのがダブル不倫の特徴です。

3.ダブル不倫の時の慰謝料請求において気を付けること

上記の関係で、CさんはBさんに請求したとします。そうしたとき、Bさんの夫であるDさんがAさんに請求したとします。これをみるとA-Cの夫婦としては、たしかにCさんはBさんに請求していますが、一方でAさんはDさんから請求を受けてしまいます。この場合、CさんはAさんと離婚するつもりなら気にしなくて良いでしょうが、Aさんとの婚姻を継続するつもりであれば、家計全体でみると実は得られるものもあれば失うものもある、ということになりかねません。

もちろん、自分の側が請求しなくても、自分の配偶者への請求がされる可能性はありますが、請求を誘発するということはあります。

もっとも、離婚するのであれば、配偶者への請求がなされても問題ないので、考慮する必要はなくなります。また、離婚する場合は、不貞行為に対する慰謝料額も大きくなる傾向があるので、一般的に考えて、請求のメリットは大きいと言えるでしょう。

4.ダブル不倫についての弁護士依頼

ダブル不倫について弁護士を依頼する場合、夫婦で同じ弁護士に依頼できるでしょうか? すなわち、家族を単位に考えれば、利害関係が共通しているので、同じ弁護士に依頼したいという方もおられると思います。

しかし、これは、望ましくないと考えます。なぜなら、もし、夫婦間で対立が生じた際に、利益相反となってしまうからです。もっとも、対立関係が起きないことを前提に依頼を受けるという考え方もあるでしょうが、当事務所では、潜在的な利益相反関係があることを重視し、夫婦両方からの依頼は受けない方針としています。それゆえ、ダブル不倫で離婚はしない方針の場合でも、いずれか片方からだけご相談頂ければ、と思います。

当事務所では、離婚に関する相談は初回1時間無料なので、まずはご相談ください。

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

HOME Mail Tel