不倫・不貞・浮気の慰謝料請求をしたい方へ

〈慰謝料請求と請求の対象者〉

不倫・不貞・浮気の慰謝料請求をしたい方へ配偶者の不貞行為が原因で離婚に追い込まれた場合、慰謝料を請求することが考えられますが、その対象は元配偶者とすることもできれば、不貞行為の相手方とすることもできます(両者に対して同時に請求することもできます)。 

もっとも、不貞をされたことによって被る精神的な損害は、特定の不貞行為という同一の原因に基づくものなので、2名に請求するからといって2倍の金額を請求できるわけではなく、例えば仮に損害が300万円であれば、2人からの合計で300万円を請求できるという形になると解されています。

いずれを請求の対象とするかについては、元配偶者や不貞行為の相手方の資力等も考慮して決めることが考えられます。

なお、不貞行為に基づく慰謝料請求は、離婚をしていなくても請求することができますが、一般的には、不貞が原因となって離婚まで発展してしまった場合のほうが、精神的損害が大きかったものとして、慰謝料が高額となる傾向にあります。

 

〈慰謝料の金額を決める要素〉

慰謝料の金額については、こういうケースでは~円という決まりはありませんが、一般に、200万円~300万円の請求をすることが多いように思います。もちろん、あくまで相場ではありますので、どのように金額を定めるかはケースごとに異なりますが、一般に考慮される事情としては、

  1. 不貞行為の悪質さ(不貞行為を行っていた期間や回数、発覚後の再度の不貞行為の有無、など)、
  2. 婚姻期間の長短、
  3. 家族構成(未成年の子がいるかどうか、など)、
  4. 支払うべき側の収入

等があります。

 

〈当事務所の対応〉

当事務所にご相談いただいた場合、まずはご依頼者様から具体的にお話を伺い、今後の進め方、請求する金額等について、ご助言をさせていただきます。

また、慰謝料を請求するためには、不貞行為があったことの立証(裏づけとなる証拠によって証明をすること)が必要になりますので、これまでの経験・裁判例などをもとに、証拠の集め方についてもご助言をさせていただきます。

実際に慰謝料を請求する場合には、まずは、内容証明を送り、相手との交渉を進めますが、相手の対応によっては裁判を提起することも検討します。

当事務所では、配偶者の不貞行為により、心を痛めているご依頼者様のお気持ちに沿うように、丁寧にお話を聞き、少しでもご意向に沿った形での解決ができるように努力をしています。

離婚や不貞行為に関連する慰謝料の請求のご相談は、初回1時間まで相談料はいただいておりません。ご相談ご希望の方は、まずは、お電話か電子メールでお問い合わせください。

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

本店電話番号リンク 所沢支店電話番号リンク 問い合わせバナー