夫婦関係調整調停中の方へ

夫婦関係調整調停中の方へ裁判所を利用した夫婦関係調整調停には、円満な夫婦関係の回復を目標とする円満調停と、離婚についての協議がまとまらなかった場合等に利用する離婚調停があります。

離婚をするかどうか迷っているという方にも利用ができますので、調停の結果、円満な家庭に戻ることができそうであれば、調停を取り下げることもできますし、反対に、調停をきっかけに、離婚を改めて考えるという方もいらっしゃいます。

この記事は、そのような調停中の方に向けた記事となります。

 

〈円満な家庭に戻るのは難しく、離婚を考え始めた・・〉

上記のように、調停の途中で離婚を本格的に考え始めたという方もいらっしゃると思います。その場合、もちろん、ご自分で調停を進めることもできますが、離婚を本格的に考える以上、今後の生活についても考えていく必要がありますし、離婚を前提とする場合、相手がなかなか話しに応じてくれない場合もあると思います。そのような場合、調停の途中から弁護士にご依頼いただき、弁護士が手続代理人として調停に同席することも可能です。

 

〈弁護士にご依頼いただくメリット〉

当初は、円満調停であった場合等は特にそうですが、こちらが離婚を考えたいと思っても、相手は離婚に応じたくないという場合もあります。そうすると、離婚そのものついて、まず交渉をする必要があります。さらに、離婚をする際には、婚姻費用、養育費、財産分与、慰謝料等、様々な要素が問題となります。

婚姻費用は離婚時までの、配偶者と子の生活費であり、養育費は離婚後の子の生活費のことを言います。財産分与は、婚姻時までに築いた財産を分けることをいい、慰謝料は、不貞や暴力等の有責行為があった場合に認められます。また、子をめぐっては親権や面会交流が問題になることもあり、年金分割の問題もあります。

このように、離婚にあたっては、多くの要素が問題となります。離婚をした方がいいのかどうか迷っていた方にとっては、「離婚を決めたのはいいものの、ここまでは考えていなかったので、何を請求できるのかわからない」ということも多いと思います。

そんなとき、弁護士にご相談いただければ、どのような請求が可能か、一緒に考えさえていただきます。また、調停の間に話がこじれてしまい、相手とやり取りをすることも苦痛になってしまったという場合にも、弁護士が代わりに相手との話を進めさせていただきますし、裁判所との関係でも対応をさせていただきます。

調停の途中でご依頼いただく場合であっても、ご依頼いただくことは可能ですし、多くのメリットがあります。適正な合意をするため、まずは弁護士にご相談ください。

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

本店電話番号リンク 所沢支店電話番号リンク 問い合わせバナー