慰謝料

〈離婚時に請求できる慰謝料〉

離婚の際、ケースによっては慰謝料を請求することができます。しかし、一言で慰謝料といっても、実は2つの種類があり、

  1. 暴行・不貞等から生じる精神的苦痛に対する慰謝料(離婚原因に基づく慰謝料)、
  2. 離婚そのものによる精神的苦痛に対する慰謝料(離婚自体慰謝料)

があるとされています。実際には、慮者を一括して処理することがほとんどですが、時効や遅延損害金の起算日の関係もあり、考え方の分かれるところでもあります。

 

〈慰謝料を請求できる場合〉

では、①離婚原因に基づく慰謝料は、どのような場合に請求することができるのでしょうか。

これは、相手方に有責行為、つまり責められるべき行為があり、それによって精神的苦痛を受けたことが必要となります。有責行為とは、たとえば、不貞、悪意の遺棄、暴力、不当に婚姻費用(生活費)を支払わない等です。

もっとも、責任の所在・程度によっては、慰謝料請求が認められない場合があります。

  1. 夫婦の一方にのみ有責行為がある場合
    有責行為をした側が慰謝料を支払う。
  2. 夫婦の双方に有責性があり、その程度が同程度である場合
    いずれも慰謝料請求は認められない。
  3. 夫婦の双方に有責性があるが、いずれか一方の責任の方が重い場合
    責任が重いと判断された側が慰謝料を支払う。

また、上記のように、慰謝料請求が認められるためには、離婚原因があるだけではなく、相手の行為が責められるべき行為であったことが必要となります。

そのため、離婚原因があったとしても、価値観の違いなど、違法性が認められないような原因である場合には、慰謝料の請求は認められません。

 

〈慰謝料算定にあたっての考慮事情〉

次に、慰謝料請求ができる場合であっても、その金額はどのようにして決まるのでしょうか。一般的にではありますが、主に以下の要素が考慮されます。

  1. 離婚原因となった違法行為の責任の程度
  2. 請求者が、有責行為によって受けた精神的苦痛の程度
  3. 有責行為を行った側の社会的地位や支払い能力
  4. 請求者の経済的自立能力
  5. 請求者側の責任の有無や程度
  6. 婚姻期間の長短

 

〈慰謝料の相場〉

不貞慰謝料の相場については、別途「慰謝料相場」というページに記載していますが、不貞か不貞でないかを問わず、高額の場合でも300万円程度のことが多く、100万円以下、200万円以下となる案件も多くあります(稀に500万円から1000万円というケースがありますが、かなり少数であり、事案によって左右されるといわざるを得ません。)

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

本店電話番号リンク 所沢支店電話番号リンク 問い合わせバナー