慰謝料の相場

不貞慰謝料の金額は、不貞行為の態様や離婚への発展の有無等、様々な要素によって左右されます。

不貞行為そのもの態様として考慮される事情としては、不貞の期間・回数、主導者がいずれであるか等です。また、不貞行為の前後の事情として、夫婦の婚姻期間、不貞発覚前の夫婦仲、不貞発覚後の夫婦関係(離婚・別居)、反省や謝罪の有無等があります。

それらの事情の有無によって、相場は下記のようなものとなると考えられます。(あくまで過去の案件や判例を参考にした感覚です)

不倫をしたものの夫婦関係が継続される場合 50万円~100万円
浮気や不倫が原因で相手が別居した場合 100万円~200万円
浮気や不倫が原因で相手が離婚をした場合 200万円~300万円

場合によっては、500万円~1000万円という高額の慰謝料を請求する人もいますが、高額な支払いを求められた場合は、請求された側からも「請求の根拠」を明示するように要求しましょう。それによって減額できる可能性があります。

  • ただし、そのような高額請求がまったく認められないわけではなく、婚姻関係が長かったあとの離婚、浮気や不倫相手が妊娠・出産したケース、DVなどの被害や怪我など、相手の「精神的苦痛」が大きい場合には、高額の慰謝料請求が認められたケースもあります。
    また、慰謝料には制裁的な意味があるため、支払い義務がある側の収入が高いと高額の慰謝料が認められる可能性があります。

 

弁護士にご相談いただいた場合にできること〉

一般的には上記のような金額がおおよその相場だと思いますが、場合によっては、真摯な謝罪をする、二度と連絡をしない・接近をしない等の誓約をすることによって、慰謝料を減額あるいは免除するという解決ができる場合もあります。

また、慰謝料について合意をすることができた場合は、事後的な争いを避けるため示談書を作成することが望ましいです。

慰謝料を請求したい場合であっても、慰謝料を請求されている場合であっても、当事務所にご依頼いただいた場合には、事案に応じて、適切な賠償額の合意ができるように、経験・裁判例に基づいてご助言をさせていただきます。

もちろん、ご依頼いただいた場合は、ご依頼者様の利益になるように交渉等を進めてまいります。

金額について合意ができない場合には、裁判に発展する可能性もありますが、裁判になった場合の対応についても、弁護士が全て行います(ただし、裁判になり、尋問手続まで発展した場合には、ご依頼者様に裁判所に行っていただく場合もございます)。

また、任意交渉で合意ができた場合には、示談書の作成も弁護士が行い、紛争が最終的に解決するように尽力させていただきます。不貞慰謝料でお悩みの場合は、ぜひ一度当事務所にご相談ください。

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

本店電話番号リンク 所沢支店電話番号リンク 問い合わせバナー