協議離婚

〈協議離婚とは〉

一言で離婚といっても、その方法・ステップにはいくつかの種類があります。離婚を考えたときに、一般的にまず試みるのが「協議離婚」というもので、夫婦の合意に基づき、離婚届を市区町村の役場に提出することによって成立します。

離婚の理由なども問題にならず、裁判所へいく必要もありませんので、時間や費用がかからないという利点があります。しかし、合意ができなければ成立しないため、離婚そのもの条件面で合意ができない場合には、離婚をすることができません。

また、未成年子がいる場合、離婚に際しては父母のどちらが親権者となるかを必ず定める必要がありますので、親権者を決めることができない場合には、離婚届は受理をされません。

そのため、協議がまとまらなかった場合には、「調停離婚」という記事に記載するように、裁判所を利用した手続をとる必要があります。

 

〈協議離婚の流れ・特徴・注意点〉

協議というと、当事者同士で行うイメージがあるかもしれませんが、協議の段階から弁護士がご依頼を受けることも可能です。

弁護士が協議離婚を進める場合には、受任通知といって、弁護士が間に入ったことを知らせる通知を相手方に送り、離婚の交渉を始めることになります。交渉は全て弁護士が行いますので、ご依頼者様が相手とお話をする必要は基本的にありません。

相手と直接話したくない、相手に言いくるめられないか不安を感じているという場合には、協議の段階から弁護士にご依頼いただくことをお勧めします。

また、協議離婚は夫婦間の合意さえあれば成立するため、十分な話し合いがなされないまま離婚してしまい、後々トラブルに発展するケースが多々見受けられますが、弁護士にご依頼いただくことにより、財産分与や養育費等、細かい離婚条件についても適切な取決めをすることができます。

さらに、よく見受けられるのが、口頭のみで合意をし、書面には残さなかったというケースです。口頭のみでも合意は成立しますが、言った・言わないという問題が生じる、合意どおりに相手が約束を守らない等のリスクがあります。

そういったリスクを減らすためにも、協議段階から弁護士に依頼していただき、合意した内容をしっかりと書面に残すことが重要です(既に口頭で合意が成立している場合は、離婚協議書の作成のみご依頼いただくことも可能です。)。

 

〈最後に〉

離婚を考えた際、どのように進めればよいか、うまくいかなかったらどうすればよいのか、迷われることがあると思います。

弁護士にご相談いただければ、ケースに応じてどのような進め方がよいか、どういったメリット・デメリットがあるか等を具体的かつ丁寧に説明させていただきます。離婚を考えられたら、まずは、その第一歩として弁護士にご相談ください。

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

本店電話番号リンク 所沢支店電話番号リンク 問い合わせバナー