モラハラ

〈モラルハラスメントとは〉

近年、離婚原因のひとつとして話題に上がることが多いのが、「モラルハラスメント」です。モラルハラスメントとは、精神的な暴力を指す言葉であり、代表的なものとして、以下のような特徴があります。

  • 些細なことで激昂する。
  • 常に被害者を責める。
  • 総てを被害者に責任転嫁する。
  • 存在を無視する。
  • 被害者に執着する。
  • 加害者が被害者を一方的に攻撃する。

モラルハラスメントは、目に見えるものではなく、被害者の方は、自尊心を傷つけられ、「自分が悪い」「自分は駄目な人間だ」と思い込んでいることも多いため、問題がなかなか顕在化しないこともあります。

しかし、言葉による暴力も立派な暴力であり、夫婦であれば、何を言っても許されるわけではありません。また、その様子を見ていた子どもたちにも影響を与えかねません。そのため、ケースによっては、モラルハラスメントが、民法770条1項5号「その他婚姻生活を継続し難い重大な事由」に該当するとして、離婚が可能になる場合があります。

 

〈モラルハラスメントを理由とする離婚〉

協議離婚」という項目で記載したように、協議離婚・調停離婚であれば、離婚原因は問われないため、モラルハラスメントを原因とする離婚でも、双方が合意さえすれば離婚をすることができます。しかし、モラルハラスメントの加害者の場合には、自分に非があるということを認めないことも珍しくなく、同意を得られなければ離婚を希望する場合には裁判を提起する必要があります。

その場合、モラルハラスメントにより婚姻生活の継続が難しいことを、証拠によって立証しなければなりません。具体的には、

  1. 加害者の発言を記録した録音・録画、
  2. 加害者からのメール・ライン・SNS等、
  3. 被害者の方が記録した日記・メモ等があります。
    また、精神的な被害を受けたことの証明として
  4. 診断書を取得するという方法もあります。

モラルハラスメントは、身体の怪我のように目に見えるわけではないので、第三者に状況を理解してもらうためには、上記のような証拠集めも重要となってきます。

モラルハラスメントの被害に遭われた場合、一人で全てを抱えこみ、自分が悪いのだと思い込まされてしまうこともありますが、被害者の方が悪いわけではありません。当事務所にご相談いただければ、今後どのような対応をとればよいか、どのような手段がありえるか、親身になって、ご依頼者様と一緒に考えさせていただきます。一人で抱え込まず、ぜひご相談ください。

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

本店電話番号リンク 所沢支店電話番号リンク 問い合わせバナー