女性の為の離婚相談

〈離婚を考えている女性の方へ〉

離婚を考えている女性の方へ離婚を考えている女性が、相談の際によくお話しされていることとして、「浮気をされたり暴力を振るわれたので、男性が怖いです(あるいは話しづらい)」「生活をしていけるか心配です」「親権を争われたらとれるでしょうか」といったことがあります。

当事務所は、そういったご心配を解消できるよう、ご相談に乗らせていただきます。

 

〈交渉の段階から積極的にご依頼をお受けしています〉

裁判の段階にならないと依頼を受けないという弁護士もいると聞きますが、当事務所では、以前から、交渉の段階からご依頼を受けてきました。なぜなら、早くから弁護士が代理人として付いた方が相手方との交渉を任せて頂くことで依頼者の方を安心させることができること、当事者どうしの話し合いで力関係ゆえに不利益な合意をさせられてしまうのを避ける必要がありそのためには早期の弁護士介入が望ましいこと、婚姻費用や子の監護権など離婚前の問題についてもサポートできること、などを考え、交渉段階からご依頼頂くことが重要だと考えてきたからです。

〈離婚後の生活についてもアドバイスさせていただきます〉

専業主婦の方はもちろん、現在お仕事をされている女性であっても、離婚後の生活というのは気になるところだと思います。

離婚の際に請求できる財産的な請求としては、

  1. 婚姻費用(離婚成立までの生活費)、
  2. 養育費(離婚後の子どもの生活費)、
  3. 財産分与、
  4. 慰謝料、
  5. 年金分割

といった様々なものがあります。

①婚姻費用や②養育費については、適正な金額で合意ができるように弁護士が交渉を進めますし、合意内容どおりにそれらの費用が支払われない場合には、強制的に相手方から徴収する方法をとることもできます。

また、③財産分与では、不動産・預貯金・退職金等、事案に則して、適正な金額が取得できるように相手と交渉を進めます。さらに、公的な助成金等、これまでの経験をもとに、今後の生活に費用な様々なアドバイスをさせていただきます。そして、単にアドバイスをするだけではなく、ご依頼いただいた場合には相手方に対して婚費や養育費の支払いを求めて、交渉や調停などを代理人として行います。合意が成立すれば、公正証書や調停調書という形で法的な拘束力がある文書を作成することになります。これらは、適切な文言を入れておくことで債務名義(強制執行をするために必要な文書)となります。

 

〈親権獲得にも尽力します〉 

「離婚によって子どもと会えなくなるのではないか」と不安に思われる方は沢山いらっしゃると思います。

親権を決める手続については、別のページで説明させていただきますが、基本的には、子を現実に監護している状況が重視される傾向にあります。現在の監護状況、今後の監護計画等、親権獲得のために有利な事情を集め、文書にする等して、これまでの経験から、親権獲得のためのアドバイスもさせていただきます。

 

〈弁護士にご依頼いただくメリット〉

離婚は、今後の人生にかかわる大きな決断です。このまま配偶者と生活を共にするのは難しい、とはいえ、生活ができなくなってしまうのは困る、とお悩みになるのは当然だと思います。弁護士であれば、専門知識をもとに、離婚時に請求できる給付(財産的な請求)についてもご助言し、ご不安を一つ一つ取り除きながら、お話を進めることが可能です。また、相手方とご自身で話す必要がなくなるため、精神的な負担も軽減されると思います。

離婚をお考えになったら、まずは当事務所までご相談ください。

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

本店電話番号リンク 所沢支店電話番号リンク 問い合わせバナー